植物が健全に育つためには、「根」の状態がカギを握っています。
その「根」は土のなかにあります。
「植物栽培の基本は土づくり」といわれるのは、そのためです。
初心者でも失敗しない土づくり、植物が活き活きと再生する土壌の改良方法を紹介させていただきます。
最適な方法で、よりプランターの植栽をお楽しみいただけましたら幸いです。

プランターへの新規の植え込み

それぞれの植物には、その性質ごとにタイプの異なる土壌が必要になります。
初心者の方が新しく土を入れて植物を育てる場合、あらゆる植物が育つように配合された質の高い培養土を使うことをおすすめします。
最適な土壌に根を張った植物は、難しいお手入れも不要。活き活きとした緑を保ちます。

初心者の方におすすめ。
「失敗しない。失敗させない。」花ちゃん培養土ab

高品質の園芸用土のロングセラー商品です。
「失敗しない。失敗させない。」のコンセプトのもと、
こだわり抜かれた素材を独自にブレンドしています。
排水性・保水性にすぐれているため、植栽後のお手入れも楽になります。
「花ちゃん培養土ab」のみの使用で、あらゆる植物に最適な土壌環境が実現できます。

花ちゃん培養土ab

プランター用土を再利用の場合

1.再利用回数が少なく、現状の植物の生育に問題がない場合

現状ではとくに生育に問題がない土壌でも、きちんとしたお手入れで
次のシーズンも活き活きとした緑を楽しむことができます。
古い株・根・枯れ葉などを取り除き、土全体の20%程度の土壌改良材を加えます。

2.長年土の入れ替えなしに再利用され、植物の生育が思わしくない場合

⇒ 水はけは良いが、土の乾きが早く水切れしやすい。植物も痩せている場合。
古い株・根・枯れ葉などが土の中にたまってしまうと、土の保水力が落ち、植物の根が水を吸うことができません。古い株・根・枯れ葉などを丁寧に取り除き、土全体の30%程度の土壌改良材を加えます。土の量が少ない場合は、園芸培養土も追加してください。

⇒ 水はけが悪く、土の乾きも悪い。植物は根腐れ気味。
長い間プランターで同じ土を使い続けた場合、土の排水力は衰えていきます。また、植物の根も生長を続けているので、土中の根の割合が増え、根詰まりを起こします。現状の土を半分廃棄し、不足分を園芸培養土で補ってください。その上で、植物を株分けするなど、根の量を調整するとさらに効果があります。

2.長年土の入れ替えなしに再利用され、植物が全く育たない場合

土の状態があまりにも悪くなった場合、再生させるのはたいへん難しくなります。
植物が生長しない状態の場合、プランターの土を完全に入れ替えて、新しい園芸培養土にすることをおすすめします。

土壌を効果的に改善
活きたふかふかの土が持続 AQコンポ

「AQコンポ」は、土壌環境を植物にとって快適な状態につくりかえ、
成長を助けることのできる土壌改良材です。
ココナッツファイバーが配合されていることで、土壌の保水と排水のバランスを整います。
また、嫌気発酵した有機質がゆっくりと栄養分に代わり、植物の基礎的な養分となります。

AQコンポ

より長くプランター用土の地力を保つために

土の状態をより長く「活きた状態」に保ち、健全な生育を促すために、土の表面に厚さ2㎝ほどのマルチングをおすすめします。土の保水力を高め、「地力の高い土」を維持します。

土壌微生物の働きを活発化
マルチングとしての使用も効果大 ガーデンプレミアムコンポ

動物質と植物質の有機物をバランスよく含み、徹底した熟成管理により「腐植度」を高めた堆肥です。穏やかな肥料効果と豊富な微量要素が植物の成長を促し、特に「腐植」の効果が保肥力を高めていきます。
土に混ぜても、マルチング材として表面に敷いても、高い効果を得られます。

ガーデンプレミアムコンポ

「花ちゃん培養土」「AQコンポ」「ガーデンプレミアムコンポ」お問い合わせ先

株式会社 花ごころ 初心者でも失敗しない、こだわりの土を扱っています。
⇒ ホームページはこちら
花ちゃん園芸ショップ 「花ごころ」直営オンラインショップ
⇒ 「花ちゃん園芸ショップ」はこちら

※ 当社ではお取り扱いしておりません。予めご了承ください。